筋膜鈴木の整体院開業&整体院経営

整体を習って開業したい人や筋膜グリップに興味のある方

姿勢

f:id:kaigyouittyokusen:20220208092640j:plain

治療家になると勉強したほうがいいと

思われることは多々あります。

 

 

腰痛や肩こりなどの症状はもちろんですが、

その症状の根本となる原因です。

 

 

腰痛になるのは

「ここが凝っているから」

 

この答えは正解まであと

二歩って感じです。

 

 

腰痛になるのは

「この筋肉がちゃんと使えてないから」

 

 

この答えは正解まであと

一歩の答えです。

 

 

腰痛になるのは

「右足の使い方が悪くて、

 この筋肉が使えていないため

 代償でこの筋肉が固くなり

 ここに凝りが出るため」

 

 

これだとかなり正解に近くなります。

 

 

これが正解であれば、

凝っているところや痛いところが

施術のメインポイントでないことが

わかりますよね。

 

 

症状はあくまでも結果であり、

その症状を発症させる原因を

見つけるのが我々の仕事です。

 

 

例えば

歩くことが間違っていたり、

寝る恰好があるかったり、

座り方が悪かったり・・・

 

 

それはある意味全部姿勢です。

 

 

姿勢は立った状態や、座った状態の

「様」だけではないのです。

 

 

一般的な姿勢の定義は、

 

【姿勢とは身体の位置や状態のこと】

 

これは辞書などを引いたときの答えです。

 

 

 

ただ医学的に姿勢を定義すると、

 

どのような体勢

(背臥位、腹臥位、座位、四つん這い、立位)

でも、身体のアライメント(各部位の適切な

相対的位置関係)を保つこと

 

「物を取る」「歩く」といった目的を

達するために必要な動作に合わせて

体の状態を変化させること

 

 

予期せぬ阻害や摂動に対して反応できること

 

           【強める!臀筋より引用】

 

 

です。

 

 

このように治療家になればこのような視点を持って

治療に当たることが大切です。

 

 

姿勢は整体をする最も根底にある

考えです。

 

 

要は整体師必須の勉強内容となるのです。