筋膜TOMの整体院開業&整体院経営

整体を習って開業したい人や筋膜グリップに興味のある方

筋膜ファースト

f:id:kaigyouittyokusen:20211223113132j:plain

【筋膜ファースト】

僕は生徒さんにも、お客さんにもこの話を

必ずするほど大切な話です。

 

 

筋膜を何故はがすのか?

という問いにも明確に答えられる話です。

 

 

整体院に来る人の症状には

必ず筋膜の癒着が絡んでいて、

それが必ず初めに起こる。

 

 

筋膜ファーストという概念は、

 

1.筋膜の癒着が起こる

 

 

2,筋肉の動きが悪くなる

 

 

3,関節の動きが制限を受ける

 

 

整体院で診れる症状というのは、

基本的にこのプロセスで起こり、

当然筋膜の癒着だけで留まっている場合もあり、

関節の動きまで制限されている場合もあります。

 

 

膝が痛むという症状一つとっても

3まで進んでいる場合もありますが

2で止まっている場合もあります。

 

 

また大切なことは、

例えば3まで行っている場合でも、

1,2の問題解決をしないと

いきなり3に焦点を当てても

問題解決には至らないという考えです。

 

 

つまり3まで症状が進んでいる場合は、

解決までの時間がかかるということです。

 

 

当然1回では筋膜の癒着を剥がしきれない

場合もありますし、

筋膜の癒着が解除できても

筋肉の適正な長さに到達するには

時間がかかります。

更に適正な関節の動きに回復しないと

症状は長引きます。

 

 

もちろん必ずしも目標には到達できない

不可逆的な現象もありますが、

それでも筋膜の癒着解除が

筋肉の動き、関節の動きを

妨げていることは確かなことです。

 

 

1のプロセスを経なければ

筋肉の回復も起こりませんし、

筋肉の回復の度合いによって

関節の回復も変わってくるのです。

 

 

ちなみに逆を言えば

一足飛びに関節の症状に行ってしまうのは

我々整体師の出番はなく

それは怪我です。

 

 

以上を簡単に言うと、

・どんな症状も初めに筋膜の癒着が起こり

・初めに筋膜の癒着を解除しないと、

 症状の変化は起こらない

 

というのが

「筋膜ファースト」の概念です。