筋膜鈴木の整体院開業&整体院経営

整体を習って開業したい人や筋膜グリップに興味のある方

整体師として知ってほしい知識 3

 

【体の使い方】

 

整体師になったら勉強することは様々です。

解剖生理学はもちろん、病態病理学や運動学等々。

 

 

でもそんなものを深めていくことが

全く無駄とは言いませんが、

研究者になるわけではないので

僕は不要だと考えています。

 

 

それよりももっと患者さんのためになる

身近なこととして、【身体の使い方】

を勉強してほしいと思っています。

 

 

患者さんの中には、ゴルフや、サッカー

野球の他に、ダンスや山登り、弓道なんか

をやっている人が大勢います。

 

 

スポーツや趣味はディープな世界に行くと

理解できないことが多いですが、

やっている人にとっては生きがいであったり

そのために整体に来る人もいます。

 

 

ですので、スポーツ全般を学ぶ必要はありませんが、

ある程度身体の動かし方のメカニズムや機能などを

知って置く必要があると思います。

 

 

基本的にスポーツの動作というのは、

日常動作の延長にあります。

これはスポーツだけではなく、

音楽や演劇にも通ずるところがあります。

 

 

音楽や演劇の世界で身体の使い方を学べる

【アレクサンダーテクニック】という

学問もあるほどです。

 

 

実際、

声楽や楽器を扱う人専門の整体院があるのです。

 

 

そこまで極めることはないですが、

動作や歩行、疲れない身体の使い方

といった類の本があります。

 

 

僕が身体の使い方で最も気に入って

何回も目を通した本は、

 

 

高岡英夫著 【究極の身体】です。

 

 

この本の中から【筋膜グリップ】の

手技も生まれています。

 

 

ぜひこの本だけでなく、

人間の基本となる【動き】にまつわる本に

目を通しておいてください。