筋膜鈴木の整体院開業&整体院経営

整体を習って開業したい人や筋膜グリップに興味のある方

オープニングはお祭り 終わってからどう行動するかが大切

f:id:kaigyouittyokusen:20211105090140j:plain

f:id:kaigyouittyokusen:20211105090147j:plain


10月29日に群馬県と長野県でサポートした整体院が

2店同時オープンとなりました。 

 

 

集客方法は2店とも新聞折り込みによるチラシ。

 

 

結果は一店が僕のチラシ戦略の立て方のミスで、

過去最低の集客になってしまいました。

 

 

これ、折り込みの入る前日に気づいたのですが、

時すでに遅し。

 

 

もう一件の方は、前日ほぼ満員状態になり、

プレオープンと含め、10日間で約160名の

集客に成功しました。

 

 

この2件の件は各々またこのブログで語って行きますが、

オープニング集客が上手くいった、行かないに関わらず、

2店とも集客の手を緩めてはいけないということ。

 

 

上手く行った方は、更にその勢いを加速するための

集客を継続すること。

 

 

上手くいかなかった方は、その原因を解明して

新たな集客手段を見つけていかなければなりません。

 

 

もう一つ、この二つの例を見比べるのは

単純ではありません。

 

 

もしかしたら数の少ない方の整体院の方が、

一年後勝っているのかもしれないデータが

出ています。

 

 

いずれにしても新規オープンというのは

ご祝儀相場がつきものです。

 

 

1年間、もしくはカルテ枚数があるところまで行かない限り、

集客の手は緩めてはいけないのです。