筋膜鈴木の整体院開業&整体院経営

整体を習って開業したい人や筋膜グリップに興味のある方

資格がなければいけない その1

f:id:kaigyouittyokusen:20211008084654j:plain

整体とマッサージ、接骨院、リラクゼーションとの違いがわからない

 

 

マッサージはなんとなくイメージできると思いますが

整体は想像しにくいし、実際いろんな整体院に行くとわかりますが

やっているお店によっても違いますし、

そこで働いている先生によっても変わってきます。

 

 

本当はマッサージをすることができるのは

指圧、マッサージ師の資格を持った人だけです。

 

 

国家資格を持った柔道整復師でも鍼灸師でも

マッサージという言葉は【本当は】使えません。

 

 

ここが日本の行政の甘さですが、

仮に無資格者や柔整師がマッサージ師と同じことをやって

金銭を授受しても、【治療目的】でなかったら

お金をもらっても、商売しても大丈夫なんです。

 

 

それはセラピストと総称される、激安マッサージ店や

スパ銭などにあるマッサージ施設で働いている人も同じです

 

 

つまり、整体はどんなことをやってもOKなんです。

無資格であるセラピストも然り。

 

 

腰痛や肩こりを【治す】という目的でやっていなければ

何をやってもOK。それが今の日本の手技における現状です。

 

 

整体や無資格者が行う施術は(これも言葉のあや)

定義がないのが現状ですが、

お客さんが欲することを提供できれば

商売が成り立つのです。

 

 

だったら、脱サラして3年間も学校に通って

それでも何年も開業できない柔道整復師になるのは 

時間のない大人の起業法ではないと思います。

 

 

ただし、手っ取り早いからといって

数回のセミナーに行って無資格整体師になるのも

それなりのリスクも有るのです。

 

 

何を誰に習うか?

これが大人の起業法、勉強法です