筋膜鈴木の整体院開業&整体院経営

整体を習って開業したい人や筋膜グリップに興味のある方

整体で確実に対応できる部位はたった4つ 筋膜鈴木の考え

f:id:kaigyouittyokusen:20211007131117j:plain



僕は整体で治せる部位は基本4つのカテゴリーに分ければ

それほど難しく考えることはないと思っています。

 

 

それは、首、腕、体幹(腰や背中)、脚です。

 

 

首は整体の中でも最も難しい部位です。

ただし、約半分は首そのものの問題であるケースは少ないのです。

 

 

腕は肩、肘、手首を総称していますが、

この3つの部位は三位一体で動いていますので3つの部位を

トータルで考えます。

 

 

膝も肘と同じに考えます。

足首に膝、股関節をトータルで考えます。

 

 

体幹は能動的に動くところではなく、

脚、腕、首によって受動的に働くところです。

よって体幹の痛みはほぼ脚、腕、首に左右される

ところとなります。

 

 

こう考えると、整体とは読んで字のごとく

体を整えるということですので、部位にとらわれず

全体で評価して施術をすすめることが

大切となってくるのです。

 

 

そりゃ医療の道は大変ですよ。

医者だってすべてのことに精通している

わけではないですから。

 

 

分かるとは、分けるということ。

ただしあまりにも細かく分けしまうと

難しくなります。

 

 

大雑把でいいから、

手首がいなたんだな?

とわかったら手首も肘も肩も

見ればいいんです。

 

 

実際にそうなんです。

歪み(ゆがみ)が歪(ひずみ)を作る

という考え方です。

 

 

歪み(ひずみ)ができるところが痛いところですが

歪を(ひずみ)作っているのが歪み(ゆがみ)です。

 

 

筋膜の施術をする人は是非この考えを持って

施術にあたってください。