筋膜鈴木の整体院開業&整体院経営

整体を習って開業したい人や筋膜グリップに興味のある方

整体師として知ってほしい知識

治療家は治療だけすればいいというわけではない理由

先日、新規で肩こりと腰痛でお困りの方が 来院しました。 肩こりは痛みを伴い、腰痛は横向きに寝ると 痛いということ。 検査をしてみると特に「ここだ!」という 部位が見つからず、全身を見ながら施術をするという 「インフォームドコンセント」をしての施…

姿勢

治療家になると勉強したほうがいいと 思われることは多々あります。 腰痛や肩こりなどの症状はもちろんですが、 その症状の根本となる原因です。 腰痛になるのは 「ここが凝っているから」 この答えは正解まであと 二歩って感じです。 腰痛になるのは 「この…

凝りや張りでも問題提議をする

筋膜の第一人者ロルフィングテクニックの創始者 ROLF先生の言葉はすべての治療家が覚えて おこなければいけない。 「痛みのあるところに、原因はない」 これは痛みだけでなく「凝り」でも言えることです。 凝りや張り感などは基本的に訴える部位の 状態を指…

健康グッツをネタにワンランク上の整体師に

健康グッツは本当にいいものもあれば、 劣悪なものまでありますが、 僕は健康グッツは使い方を間違えている人が かなりいるんじゃないかなと思っています。 実際、健康グッツで身体を悪くしている人を 何人も見てきましたし、 筋トレで怪我したり、効果が出…

整体師が診るのは違和感が最も多い

整体師が身体を診るのは痛みという症状もありますが、 圧倒的に「違和感」が多いと思います。 というか、違和感です。 それはレントゲンにも写りませんし、 検査してもはっきりした現象は確認できないのが普通です。 例えば肩こりなどの「凝り」も違和感です…

●●を売っている整体院をどう思いますか?

整体院をやっていると 患者さんと話題になることは 枕や寝具のこと。 枕や寝具を売ることを目的に 整体をやっている団体がありますが、 それはいいか悪いかは別として それだけで整体と密接な関係にある寝具。 実際 施術ベットに寝るという工程がある整体院…

医者の心理

整体院を開業すると意外な人が来ます。 それはお医者さん。 歯科医も内科医も外科医も精神科医も 整形外科以外の医師はよく来てくれます。 でも、 医者が来ると自分が未熟だと焦ってしまいますよね。 でもね、 お医者さんは知ってるんですよ。 腰が痛い、肩…

高齢者の施術と心理

僕は今田舎で整体院をやっています。 田舎と言っても【ぽつんと一軒家】とか 【なぜそこ?】みたいなところではないですが、 高齢者が多いです。 で、 僕のところは実際、 80代の高齢者がたくさん来ます。 高齢者というのはその場所が「近い」 というのが一…

整体師として知ってほしい知識 3

【体の使い方】 整体師になったら勉強することは様々です。 解剖生理学はもちろん、病態病理学や運動学等々。 でもそんなものを深めていくことが 全く無駄とは言いませんが、 研究者になるわけではないので 僕は不要だと考えています。 それよりももっと患者…

腰痛の知識をしっかりものにするために

整体師26年経験して、 記憶に残る症状、患者さんというのは やはり【治せなかった人】です。 もちろん どんな症状も治せてはいないんですが、 こういった話は長くなるので割愛しますが、 僕がいう 【治せなかった人】というのは、 痛みの改善や症状の変化を …

部位別知識  背中 ○○されていて〇〇なところ

体の詳細について勉強することは大切です。 でも、どの程度勉強すればいいか? ぶっちゃけ、医者でさえ専門分野でない部位のことは あまり詳しくないと言われています。 まあ、 それでも治療家よりは詳しいことは 難関医学部を突破して、 医師国家試験も突破…

手技上達の秘訣 基礎を芸術レベルまであげる

空手では【型】がオリンピック種目になりました。 柔道でも型の練習は必須です。 書道家も一日に半紙に何枚も書く練習をします。 手技も【道】と付くものに似ています。 そしてその【型】があるレベルまで達すると スポーツでは一流、書道や華道も芸術になり…

整体師として知っておいてほしい知識 痛み

整体師が直面する痛み。 腰痛や膝痛、頭痛など臨床に携わると 痛みをどうやってとってやろうかと試行錯誤します。 しかし、手技だけではどうしても解決できない 痛みがあるのです。 どんな痛みでも取れると自称する治療家がいますが それは誇張です。 そもそ…